ページの先頭

ページ内移動用のリンク
ヘッダーメニューへ移動
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここから本文です

介護を必要とする人は増える

経営者・ 人事担当者の方へ

両立支援の重要性

介護を必要とする人は増える

平成30(2018)年度末現在、要支援・要介護認定者は全国に658万人おり、平成12(2000)年度末から2.6倍に増えました。また、令和元(2019)年10月現在、高齢者(65歳以上)は3,589万人、うち後期高齢者(75歳以上)は1,849万人ですが、2040年には、高齢者は3,920万人、うち後期高齢者は2,239万人に増加するとの推計が出ています。今後、高齢者、特に要介護認定率の高い後期高齢者が大幅に増えることから、要支援・要介護認定者数は今後も増え続けることが予想されます。

要支援・要介護認定者数の推移

要支援・要介護認定者数の推移グラフ

(出典)厚生労働省「介護保険事業状況報告」

高齢者人口の推移

高齢者人口の推移グラフ

(出典)総務省「国勢調査」、総務省「人口推計」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」

ここからフッターメニューです